Now Playing Tracks

去年の夏、プールの授業があった。
一時間目からあったのを忘れて遅刻しそうになっていた俺は、教科書を置くために教室に走る。
クラスの奴等も

「おせーな、○○。早くしろよ」
「○○、一人になったからって俺のパンツの匂い嗅ぐなよ?」

などと言ってくる。
とりあえず死ね。
で、教室で鞄を置き、プールセットを持って更衣室にダッシュ。


もうみんなはプールサイドで集まってる。
ヤバイ、急げっ。
トイレに駆け込む要領で太ももに力を込めて全力で階段を下りろ。
階段を下り、廊下をマッハ0.02で駆け抜け、更衣室に到着。
ちなみに水着は学校指定の典型的なスクール水着。
女子も男子も。
もちろん更衣室には誰も居ない。
よし、めんどくさいからタオルなんて使わないで全裸で着替えてしまえ。
上着に手を掛け、上半身裸になる。
次にベルトに手を掛けてズボンごとパンツを脱ぐ。
ついでに靴下も一緒に。
で、全裸になったところでさぁお着替えだ!!いでよ水着!そして我が身を包み込みたまえ!!

次の瞬間固まった。
間違えて姉のスクール水着を持ってきてしまっていた。
なるほど、通りで妙にいつもより体積が違うと思った。
っていうかそんなこと考えてる場合じゃない。
これじゃ授業受けられん!今日は見学だ!!
と思っていたところに、ものすんごく良いタイミング。
多分絶対お前一部始終見てただろと言わんばかりにもう一人遅刻してきていたヤツが来た。

全裸で女物のスクール水着を持っている俺。
どう考えても、どう見ても怪しい。
怪しすぎる。
俺は固まってる友人を見ながら水着をテキパキとしまって服を着、更衣室から出て行きプールサイドに移動。
心臓をバクバクさせながら俺のヤバい姿を見たヤツがプールサイドに来ることを待っていた。続く。

来た。
ヤツが来た。
いつもはあんまり目立ってないヤツだが、その時に限って噴煙を撒き散らしながら猛スピードで襲ってくるミサイルに見えた。
俺に気づいたとき、途端に大爆発。
ぬぅぅぅぅ…これは避けきれない。
死ぬのを待つしかない。
俺の凄まじい形相に気づいたヤツは、突然「まかせとけ」と言わんばかりに親指を立てる。
その親指はどーゆーつもりだ。
俺を笑いものにさせる気か。
本気で自殺を考えた。
しかし、驚いたことにヤツは全然話そうともしない。
そして何事も無かったかのように学校が終わった。

そいつに近寄り、

「今日のこと…話さないでくれたのか?」

と言うと、ヤツはこう答えた。

「…お前、お姉ちゃんいるんだろ?俺んとこにも妹がいてさ。気持ちよくわかるんだよ。
前に俺も同じような目にあってな。色々言われたよ。」

と。
その瞬間そいつは神に見えた。
いや、神以上だ。超神だ。
そいつとは一度も一緒に帰ったこと無かったんだが、その日は一緒に帰り、タイヤキを奢ってやった。
GJ神様。

ちなみに姉ちゃんには爆笑され、

「お前一度着てみろよ、病み付きになるかもよ?」

などと言われた。
死ね。

体験談:去年の夏、プールの授業があった [感動] (via to39)
それで思い出したんですが、
有森(裕子)さんが
引退した選手を対象にした講演のなかで、
こんなふうにおっしゃってたんです。
「現役時代にみなさんには、
 すばらしい思い出と感動が
 あったと思いますが、
 引退後の世界には、
 もう、そんなものはありません。
 それを受け入れることから、
 引退後の人生をはじめましょう」って。
それは、たしかにそのとおりだなと思いました。
競技のなかであれほど強烈な興奮を味わったら、
引退後の人生でも探してしまって、
そのまま、ここでもない、ここでもない、って
流浪の旅に出ちゃったりしますから。
そうなってしまうよりは、
「そんなものはもうないんだ」って
割り切ることを伝えてあげるほうが、
やさしさなのかもしれないな、って。
走ることについて、しゃべる理由。 - ほぼ日刊イトイ新聞 (via kogumarecord)

そのとき気付いたのは、子供に“心の穴”を空けるのは、“いないお父さん”じゃなくて、“そばにいるお母さん”なんだってこと。

福田:“心の穴”というのは、二村ヒトシさんの言葉で、“親から植え付けられる感情や思考のクセ”のことですね。 女性がだめんずにばかりハマったり、男性がヤリチンになったりするのは、この“心の穴”が原因だと提唱されています。

たくさんの糸で“ゆるくつながる”家族を目指そう 家入明子×福田フクスケ対談(最終回)|AM「アム」 (via otsune)
昔のカーラジオは1つの選局ボタンに1つの放送局を割り当て、あるボタンを押すと、既に押されていたボタンが元に戻る仕組みだった。そこから「単一選択ボタン」を「ラジオボタン」と呼ぶようになったのだが、そんなラジオを見たことのない人も多いだろう。
歴史は繰り返さないが韻を踏む――GUIパーツの変遷|企業クライアント戦略|ブログ|Computerworld (via ninonbooks)
We make Tumblr themes